Homilog

たまに頑張る。

ドローンは遥か彼方に飛んでいった

週末に過ごす山や海などの自然の風景をスマホ以外でも記録におさめたいなぁ、空撮とかできたら素敵だなぁ、と思いドローンを購入した。

空撮と言えばやはりPhantom!!
……とは思いつつも、最初はラジコン感覚で始められる、軽量かつお手頃な方が壊れてもダメージが少なそう、と思いAmazonで1万円くらいのラジコンドローンを購入。

ちょうど姉と海に行く約束をしていたので、数日前に届いた、ピカピカのおニュードローンを持っていった。

「初心者でもすぐに海で写真とか動画を撮れるだろう」と甘くみていたのがそもそもの間違いだったことに、すぐに気がついた。操縦に慣れていないことに加え、ドローンが軽量のため、風が少し強いだけで飛行が安定しないのだ。

前後左右に進行するスティックを動かせども狙った通りに動いてくれないドローン。「おや、私のイメージと違うぞ。買ってまさかの1日目で海ポチャ、だけは避けたい…」と危険を察知して、場所を海辺の砂浜から近くの公園へ移動した。

ここなら、草むらもあるし、広いし、人も車もいない。これで心置きなくドローンを飛ばすぞ!と思い、再挑戦。

しかし、さっきと同じく自分が思った方向にドローンが進んでくれない。あーだこうだしているうちに、10メートル先の木にドローンがクラッシュ!この時点で諦めて屋内での練習に切り替えるべきだったが、失敗をバネにして成長につなげよう!がモットーな私は、もう一度!と懲りずに挑戦。

「先ほどよりは目の前でのホバリングも安定してるし、進行方向の操作もわかってきたぞ!よし、よし、もう少し上昇してみちゃう……!?」

ここで調子に乗ったのが間違いだった。

高度が少しずつ上がっていくドローンだったが、一際強い風がビューっと吹いたかと思うやいなや、右側に大きく揺れだし、わたしの目の前を通り過ぎていくではないか。「違う!そっちじゃない」思わず声に出しちゃう私。

悲痛の叫びも虚しく、ドローンは暴走を始め高度をドンドン上げていく。終いには、私が意図した方向にさえも進まなくなっていった。

「あ!緊急停止ボタンがあるわ!ポチッ」
「ピッ!」(コントローラー音)

音が鳴ったは良いものの、肝心のドローンは降下するどころか一段と上昇していく。

もはや遥か彼方に飛んでいくドローンを見守るしかない状況。ボールの大きさから米つぶの大きさになっていくドローン。コントローラーの操作には、もはやなにひとつ反応しない。焦りを通り越して、笑いしか込み上げてきて、もうどうにでもなれ状態に。

その後、森の方向に下降していくのが小さく見えたので、ことの一部始終を見ていた姉と姉の旦那とアタリをつけて探したが、結局見つからなかった。きっと今ごろはバッテリーが切れて木にぶら下がっているんじゃないかな。ドローンごめんよ。

買って1日目で失踪という、何とも切ない終わりを迎えたドローン飛行。でも、これに懲りずに私はまたドローンに挑戦すると心に決めている!

でも、次こそは、屋外デビューの前に屋内で十分に練習をすると心に決めたのはいうまでもありません。


短い間でしたがお世話になりました。君の勇姿を忘れない。HS2000