読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Homilog

たまに頑張る。

リアルな緊張感があった初夢

f:id:homilog:20160101153236j:image

新年明けましておめでとうございます。

2015年は激流の一年でした。

ライターとしての活動を本格的にスタートして、新しい経験や出会いに胸が高鳴った一方で、自分が書いた原稿でお金をもらって生活する事の大変さや現実を身を持って体感した一年でした。

プライベートでは、恋愛や友情などいろいろな面で別れがあり、何度も何度も自分と向き合いました。いくら考えても明確な答えや納得できる理由が見つけられなかったり、相手の考えが理解できず、もはやひとと接するのも億劫だ、と思うこともあった負の感情が多い一年でした。

 ただ、悪いことばかりではなく、こういった経験があったからこそ、自分の悪い癖のようなものに気がつくこともできました。

自分が思っていることがすべてではないこと。

ひとの数だけ考え方や意見があるということ。

だからこそ、物事やひとを流動的に受け止めるのは止めること。

ひとつひとつ取り入れて、正面から向き合うこと。

そして、自分にとって”本当に大事なことやひと”の軸を作ること。

 

まぁ、2015年の振り返りと反省はここまでにして、

今年2016年はこれまでの全経験を糧にして、表現や創作の幅を広げていきたいです。

そして、自分がしていることやできることにもっと自信を持っていけたらなぁ、と。

去年は、自分のライター活動にあまり自信が持てなくて、発信することにすごく抵抗を感じていました。今年はそういった自信の無さからくる「迷い」を無くしていきたいです。

 

嬉しいことに、そんな自分の思いを汲み取ってか、今年の初夢はいつもとちょっと違いました。

内容は、魅力的なコミュニティに参加するために、試験官のような人の前で自分の情熱をPRするというもの。このコミュニティには人間的にとても魅力的な人たちがたくさん集まっていて、私はどうしても、どうしても参加したかったんです。

最初は万人受けするようなとても”無難”な自己PRを考えていたのだけど、直前になって、「これを言えば、確かに相手には好印象を与えるかもしれない。でも長期的に考えた時に自分はその理由を軸にできるのか。自分に嘘をつくことになるのではないか。」と考えて、結局自分に嘘をつかない素直な理由を、冷や汗をかきながら相手に伝えました。

その後、実際に受かったのかはちょっと曖昧なんだけど(汗)、それを言った後は全く後悔していなくて、自分はやりきったぞ、という気持ちでいっぱいでした。

自分に嘘をつかず、自分の気持ちに正直に。「迷いを無くす」ということはつまりこういう行動を指しているのでしょうね。


まぁ、そんなこんなで激流だった2015年から、2016年は激流のなかに身を置きつつも、自信を持って、自分の本質と共鳴するものを見逃さない「直感」を大切にする一年にしようと思います。

では、今年も健康第一でがんばりましょう(❁´◡`❁)